【膝の内側】が痛む時に行いたいセルフケア

こんにちは、駒込駅前にある整体院
おかざき整体院です。

膝の痛みを感じる方の多くは「膝の内側エリア」が痛む。という方が多いのですが、どうしてでしょう?

整形外科さんに出かけると、ヒアルロン酸注射を受けられたり、湿布をもらったり、電気治療をしてもらったりという事が大半ですが、なかなかよくならず。。。

リハビリテーションの先生が徒手療法を行うマッサージで、ある程度の変化を感じるという声も聞きますが、大きく好転しない。。。という所も見受けられます。

しかし、これって、ほんの「20〜30分程度の時間

反して、普段の実生活は全24時間のうち、約23.5時間はご自身の行動で、今の痛みがどうなっていくのか。という事も考える事ができますよね?

ということは?

ご自身で、普段から何かしらの「セルフケア」というのを取り入れていただいた方が、回復へのスピードも変化していく可能性が高い!というのがお分りいただけるのでは無いでしょうか?

そこで「セルフケア」という部分に着目するにあたって、どこに対してアプローチをしたら良いのか?と考えて見ましょう〜

結論から申し上げますと、まずは「ももの前側と内腿」に対してのケアとなります!

この「赤枠」エリアに痛みを感じる方が多いと思います。細かく追いかけると難しいので簡単に!!

この「赤枠」の部分、さわってみてください。
きっと「痛い」または「硬い」という感覚があるのでは無いでしょうか?

もし、その感覚があるとしたらそこは「セルフケアポイント」です!

そのポイントを日頃から、ご自身でほぐしてみたり、さすってみたりしてみてください。

劇的な変化は無いにしても、体をいたわってあげる時間が多ければ多いほど、体の反応は好転方向に向かっていきますので、ぜひ、試してみてくださいね!